BLIS™ with CTA

走行中に左右のドアミラーから後方、リアバンパーから約3mのブラインドゾーンに他車を検知すると、ドアミラーに内蔵したインジケーターを点灯させて ドライバーに警告し、安全な車線変更をサポートするBLIS™(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)を採用。また、CTA(クロストラ フィック・アラート)は、シフトレバーが後退(R)に入っている場合に、後方左右から接近する車両を最長約14mの距離から検知し、警告音とドアミラー内臓 のインジケーターの点滅によってドライバーに知らせます。さらに、接近してくる方向をメッセージセンターに表示し、後退・発信時の安全性を高めます。